種子島の中にも、昔は三百を超えるたくさんの黒糖小屋がありました。 沖ヶ浜田には五箇所あり、それらは時代の流れと共に減少し、今は二つの小屋が残っています。 かつては三十四号・三十一号だった小屋が、今は「上の小屋・下の小屋」と呼ばれ、「下の小屋」が二0十八年十二月「生産協同組合」になりました。 その佇まいからは、たくさんの歴史と共に、大先輩の友人のような優しさと寛容さ、そして誠実さが伝わります。 さとうきびが畑で育つ夏の間は静かに息を潜め、黒糖作りの冬が始まると共に、火が入り、湯気が立ち、人々の話し声と笑い声、熱気に包まれ、今も昔も変わらぬ、集落の人々で賑わいます。 十一月の終わり頃から、三月ごろまでは、この辺りは黒糖の甘い香りに包まれ、温暖な南の島・種子島の冬の名物となっております。
沖ヶ浜田の黒糖小屋
沖ヶ浜田の黒糖小屋
種子島の中にも、昔は三百を超えるたくさんの黒糖小屋がありました。 沖ヶ浜田には五箇所あり、それらは時代の流れと共に減少し、今は二つの小屋が残っています。 かつては三十四号・三十一号だった小屋が、今は「上の小屋・下の小屋」と呼ばれ、「下の小屋」が二0十八年十二月「生産協同組合」になりました。 その佇まいからは、たくさんの歴史と共に、大先輩の友人のような優しさと寛容さ、そして誠実さが伝わります。 さとうきびが畑で育つ夏の間は静かに息を潜め、黒糖作りの冬が始まると共に、火が入り、湯気が立ち、人々の話し声と笑い声、熱気に包まれ、今も昔も変わらぬ、集落の人々で賑わいます。 十一月の終わり頃から、三月ごろまでは、この辺りは黒糖の甘い香りに包まれ、温暖な南の島・種子島の冬の名物となっております。