種子島での、さとうきび栽培は一八二五年に始まったと伝えられています。 今でも、沖ヶ浜田の手作りの黒糖は手作業で収穫したさとうきびを薪炊きの登り釜で煮詰めます。 古くから伝わる、熟練の経験から作り出される天然食品。 春にはさとうきびを植え付け。 夏には自然の恵みで大きく成長。 秋には薪作り。 冬が始まると黒糖作り。 毎年、毎年、一所懸命、ただひたすらに美味しい黒糖をお届けする為に、健やかに過ごせる環境が、沖ヶ浜田にはあります。
沖ヶ浜田の 手作りの黒糖
沖ヶ浜田の 手作りの黒糖
種子島での、さとうきび栽培は一八二五年に始まったと伝えられています。 今でも、沖ヶ浜田の手作りの黒糖は手作業で収穫したさとうきびを薪炊きの登り釜で煮詰めます。 古くから伝わる、熟練の経験から作り出される天然食品。 春にはさとうきびを植え付け。 夏には自然の恵みで大きく成長。 秋には薪作り。 冬が始まると黒糖作り。 毎年、毎年、一所懸命、ただひたすらに美味しい黒糖をお届けする為に、健やかに過ごせる環境が、沖ヶ浜田にはあります。